C;atelier

since 2003

ニュース

映画って・・「セッション」

今日は暑かったですねぇ、

 

梅雨もう来たんちゃう?という天気が続いてましたが、

 

本日はカラッと快晴。

 

やっとこさ春本番といった感じでしょうか。

 

桜は散ってしまいましたけど、

 

週末は久しぶりにお出かけなんてのもいいんじゃないでしょうか。

 

さて、今日はひっさしぶりに(本当に久しぶり)

 

映画紹介します。

 

で、いつもマニアックだ、根暗だ、もっとメジャーな映画ないんかといわれますので、

 

今日はちょうど今公開中の映画のお話でもしてみようかと

 

思います。

 

しかもアカデミー賞獲ったやつ。

 

 

 

 

「Whiplash」邦題:セッション

 

公開中の映画なので、

 

詳しくは書かないようにしますが、

 

この映画面白い。

 

私は飛行機の中でみたのですが、

 

期待もしていなかったのですが、

 

結果、二回観てしまいました。

 

世界的ジャズドラマーを目指し、名門音楽学校に入学した青年と、

 

超サディスティックなカリスマ音楽教師の姿を描いた音楽青春映画、、

 

なんですが、これがまぁ惹きつけられる。

 

カリスマ音楽教師のSっぷりが半端ない、

 

0.1秒のテンポのズレも許さない異常なまでの完璧さを求めるフレッチャーの

 

狂気のレッスン。精神力を鍛える為に様々な罠を仕掛けて追いつめてゆく。。。

 

青年ニーマンのそれに応えようとする努力努力努力、、、

 

滅茶苦茶頑張るのですニーマン君。

 

手にマメ作って、潰して潰しまくってそれでもスティックを握り続ける。。

 

そんでもってその先に待っているのは・・・。

 

この作品、鬼教師フレッチャー役をJ.K.シモンが演じています。

 

誰やねんそれ、ていう方は初代スパイダーマンシリーズで編集長やってたり、

 

JUNOでお父さん役やってた人て言うと、あぁ、あの人!てなるかも知れません。

 

この作品での名演が評価されアカデミー助演男優賞を見事獲得。

 

そして、監督は28歳の新鋭デイミアン・チャゼル。

 

なんと恐るべき28歳。

 

でもこの映画の本当に面白いのは最後の10分。

 

宣伝でもいうてはりますが、

 

この最後10分がすんごいかっこいい。

 

こりゃあアカデミー賞獲ったな、と私は思いました。

 

というわけで、期待もせずに観た映画でしたが、

 

最近観た作品の中でも面白い作品の一つでした。

 

是非映画館へ!

 

私もこの週末は映画でも観に行こう。

 

それではよい週末を!

 

KIZUKI

コメントはありません。

次のタグを使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

トラックバックURL:http://www.c-atelier.jp/blog/1780/trackback