C;atelier

since 2003

ニュース

とある夜のお話。

 

こんばんわ。

 

最近になって、きゃりーぱみゅぱみゅが

 

妙に気になる31歳のおっさんです。

 

新曲の「ふりそでーしょん」

 

ふ、ふりそでーしょん、、だと・・!?

 

むぅぅぅ、、、、、、

 

と、

 

何故か感心している31歳のおっさんです。

 

一昨日も、

 

きゃんでぃきゃんでぃきゃんでぃきゃんでぃきゃんでぃ

 

と景気よく電車で帰宅しておりましたら、

 

快速が一個前の駅で止まりまして、

 

あれ、どないしたんやろ、、

 

「この先、沿線火災の影響で、全ての電車がストップしています」

 

と車内アナウンス。

 

まぁ、よくあることですね、

 

雷が落ちたとか、接触したとか、どうしたとかこうしたとか、

 

帰宅途中で急いでもないので、

 

まぁ、よくあることですね、

 

直ぐに復旧するんじゃないだろうかつけまつける、

 

と高を括っておったわけです。

 

待つこと10分、

 

20分、、

 

30分、、、

 

もうその辺りから、寒さが結構身にしみてきておりまして、

 

且つ、終電間際ということもあり、

 

これ、、最悪どうなんの??

 

と脳裏に宿った、

 

のは、私だけではなかったらしく、

 

さすがに周りの乗客もイライラ、ソワソワしだし始め、、

 

40分、、、

 

50分、、、、

 

ここまでくると流石に皆様、プッツンでございます。

 

終電間際ということもあり、

 

近くのJRの駅に走る方、

 

電話しまくる方、

 

車掌に詰め寄る方、

 

様々でございまして、

 

そんな中、

 

私はといいますと落ち着いたもので、

 

快速で一つ先の駅ということもあり、

 

まぁどんなに遅くなっても、電車動き出したら

 

帰れるやろ、と変わらず考えておりまして、

 

待つこと一時間、、

 

時間は深夜1時を超えております。

 

突然に乗客の皆様、改札に向かって走り始め、

 

何や何や、、と思っておりましたら

 

どうやらタクシーで帰って領収書もってきたら

 

その分返金してくれる、という噂が流れ、

 

皆様、その流れで帰って行きはったんですね。

 

私、そこでもぶれずに、

 

ほんまかいな?という疑心と、

 

そんなんいうてもなぁ、、駅次やし。まっとこ。。

 

と、更に待つこと10分、、

 

流石に寒さが限界やなぁ、、と思っておりましたら、

 

そこまで、

 

「沿線火災の影響の為、電車ストップしております」

 

と呪文のようなアナウンスしか流れてこなかった車内に、

 

「沿線火災の為、この電車こちらで終了とさせて頂きます」

 

!!!

 

何を!!!

 

ま、、まじか。。。

 

時刻は午前1時半前、代わりの電車が来るわけでもなく、

 

どないせーちゅうねん、となるやないですか。

 

同じく辛抱強く待っていた乗客と車掌ににじり寄りましたら、

 

タクシーで帰ったら返金するの返答。

 

噂、、、ほんまやん、、

 

てかそれ、ちゃんとアナウンスしようよ、、、

 

まぁ、、このおっさんに怒ってもしゃあないんやけども、、、

 

と、とぼとぼ改札に向かいましたら、

 

!!!

 

びっくりしました。。

 

改札の前に、30人位の警察官と、おっさん10人位が、

 

ワーワーいうとるではありませんか。

 

まさにファッションモンスターではなく、モンスターおっさんVS権力でございます。

 

喧嘩か?とよくよく見てみましたら、

 

ちょっとばかし状況違いまして、

 

10人近いおっさんモンスターが1人の駅員さんに、

 

どないなっとんねん、出てきて謝れや!

 

お客さんこまっとるやないか!

 

バス出せバス!

 

と怒号を浴びせとる訳です。

 

そして、それをただただ見守る警官。。。

 

じーっとみておりましたら、

 

おっさんの一人と警官が、

 

警「鉄道会社もこんな対応ないわぁ、もっと人出てきて対応せなあかんて。」

 

お「せやせや。」

 

同情しとる。。。

 

あーなるほど、警官はこれ以上の騒ぎにならんように

 

見守ってるわけね。止めに来たわけじゃないのね。

 

だからどんだけ怒鳴ってても、今んとこは何もしないわけね。

 

まぁ確かに鉄道会社の対応は適当やなぁと思いましたし、

 

キレたい気持ちもよーくわかりましたが、

 

ブチ切れたおっさんの対応を、一人でさせられる駅員さんも

 

たまったもんじゃないな、、と傍から見ている方は

 

同情もしたわけです。

 

そこから、タクシー乗り場へ向かい、

 

100人位の長蛇の列、、、全然タクシーが来ない、、

 

全ての状況にイロイロイライラしながら、

 

人生初の相乗り。。

 

家に着いたのが深夜3時前。。。

 

まぁ、、とにもかくにもとんでもない目にあった、、

 

というお話でした。

 

震災の時の比ではないのでしょうが。

 

やはり、当然のように日々過ごすことはいけません。

 

何があっても対応できるように。

 

心がけまつける。

 

それでは、また。

 

KIZUKI

 

 

映画って・・「blue」

 

 

2013年1月もあと2日で終わりです。

 

早いですね~1年の12分の1がもう終わりますよ。

 

皆様、この1か月何してましたか?

 

私はといいますと、記憶にございません。

 

ずっと正月ボケしていたんですかね。

 

まぁ何はともあれ、明日何が起こるかわからない世の中です。

 

一瞬一瞬を大切に生きることを心がけたいですね。

 

さて、

 

近々に、またまた商品が入荷してくる予定です、

 

商品紹介を改めてさせて頂くとして、

 

今日のところは、またまた勝手に映画紹介したいと思います。

 

 

 

「blue」

 

皆様、デレクジャーマンという監督をご存知ですか?

 

80年代から90年代初頭にかけて、

 

イギリスで活躍した映画監督であり映像作家です。

 

この人の作品は、

 

何も知らずに初見で観て、

 

内容を理解することは、とても難しい。

 

その一言につきます。

 

というか、わけがわからないと思います(笑)

 

泣けた!とかいう人いたら、

 

お前スゲーな、と心から尊敬してあげてください。

 

じゃあなんで紹介するんだって話ですが、

 

この人のですね、

 

表現方法がとても面白いんですよ。

 

今日はその中でも

 

遺作となった(エイズで94年没)

 

「blue」という作品を紹介しますが、

 

(他の作品は刺激が強すぎるので、

こちらでの添付は差し控えます)

 

上の動画を観て頂いてもわかるように、

 

ずーーーっと、画像が切り替わらずブルーのまま。

 

音楽と、ナレーションのみで進行していきます。

 

エイズに蝕まれ、日々弱っていく自らの症状に対する悲しみと、

 

同じくエイズで亡くなっていった友人への想いなど、

 

独特の言い回しで淡々と進んでいく、という内容です。

 

じゃあ何故ブルーなのか、ということなんですが、

 

ジャーマンはこの作品を作った時、

 

エイズの合併症で、ほぼ失明していたということが

 

影響しているんだと思います。

 

私、自らが死に直面したことも、

 

視力を失っているわけでもないので、

 

簡単にはいえませんが、

 

不安や恐怖、悲しみといった心情だけでなく、

 

自らの現状を、

 

この青一色で表現したと考えると

 

これはどんな映像よりも

 

ストレートな表現方法なんじゃないかと

 

感動してしまうのです。

 

 

 

知り合いの紹介で最初にこの作品を観た後、

 

「ザ・ガーデン」「エドワードⅡ」という

 

作品も観ましたが、

 

先程も書いた通り、

 

どちらも初見ではまったく意味がわからないと思います。

 

ただ、

 

歴史上の人物を題材とした作品が多いという事もあり、

 

よくよくそういった背景を調べてみるとなるほどな、

 

ということだったり、その斬新な表現方法だったりに、

 

感心してもらえるのではないかと思います。

 

あ、ただ過激な性的表現が多いのも特徴なので、

 

人によっては視聴をお控えください。

 

 

とにかく鬼才と呼ぶにふさわしい。

 

そんなデレクジャーマンの「blue」を

 

本日は紹介しました。

 

それでは、また。

 

サヨナラサヨナラサヨナラ。

 

KIZUKI

 

 

 

映画って・・「太陽を盗んだ男」

 

 

ちょっこす節約しよう!!と思い立ち、

 

今日は朝から弁当を作りました。何年か前までは毎日のように作ってたのですが、

 

最近はOLかっ!!ていう位、

 

昼になると

 

今日はどこのランチ食べに行こうかしら、と出かける始末。

 

あきまへん!

 

ということで弁当男子復活でございます。

 

昼飯節約して旅行にでも行こうと思います。

 

OLかっ!!

 

さて今日は、勝手におススメ映画を紹介するコーナーーーー

 

です。

 

皆さんついてこれてますか?

 

はりきって参りましょう。

 

「太陽を盗んだ男」

 

この映画、

 

映画好きにはとても有名な一本かと思います。

 

私も大好きです。

 

とはいえ知らない方も多いでしょう。

 

そういう方には、是非一度観てもらいたい一本です。

 

上の予告編でもわかるように、

 

壮大なアクションもいいんですが、

 

なんといっても、

 

なんじゃそりゃ!!という無茶苦茶な設定がぶっ飛んでて面白い。

 

中学校の先生がプルトニウムを盗み、

 

自宅で原子爆弾を自力で製作。

 

その時点で、えええええ!!!

 

と、某国の総書記もビックリな設定なわけですが、

 

そこは一先ず置いといてですね、

 

そこから無茶苦茶な先生役の

 

ジュリー(沢田研二)は政府を脅迫します。

 

そりゃそうなりますよね、

 

そんな想像もつかないもの持ってしまったら、

 

そういう展開になっても仕方ありません。

 

さぁ、どんなとんでもない要求がでてくるのか、、

 

第一の要求

 

「プロ野球のナイター中継を試合の最後まで放送しろ!」

 

・・・

 

なんか小っちゃ!!

 

たまに思う、けども!!

 

という要求に始まり、

 

第二の要求

 

「ローリングストーンズを日本に呼べ!」

 

それはいい!!

 

とてもいい!!

 

呼んでほしい!!

 

けど、庶民的!!

 

と、なんだかいい奴な一面を見せときながら、

 

いよいよ!!

 

お決まりの金銭の要求をするわけです。

 

ただ、その理由が

 

原子爆弾を作るためにサラ金から借金をしてしまい

 

その返済の為。。。

 

という、

 

もうこうなったら何がしたかったのか

 

訳がわかりません。。。。

 

そして、

 

もう一人の主人公、

 

文ちゃん(朝日ソーラーじゃけん)との壮絶な闘いが始まる訳ですね。

 

 

と、ざっくりいうとこんな感じなんですが、

 

この映画のいいところはですね、

 

設定無茶苦茶なんですが、

 

内容がしっかりしているところなんですね。

 

観ていくうちにグイグイ引き込まれていくと思います。

 

若き日のジュリー(沢田研二)に文ちゃん(朝日ソーラー、もとい菅原文太)の演技も

 

見ものです。

 

池上季実子がお美しいです。

 

 

 

「50億?100億?俺の欲しいのは金じゃない。

 

 日本列島を俺の夢でうずめるのだ!!」

 

 

ここまでくると迷言通り越して名言ですね、

 

私もどこかで、この一言使ってやろうと思います。

 

 

この映画を、

 

日本の名作映画にあげられる方が多いらしいのですが、

 

私もそう思います。

 

30年以上前の作品ですが、

 

未だに色褪せない一本だと思います。

 

おススメです!

 

それでは、また。

 

サヨナラサヨナラサヨナラ。

 

KIZUKI

 

シャツのおはなし「CONCEALED FUNCTIONのこと」

weac13ssloca24

【Photo by hocchirhythm】

 

一年に一度、体調を崩します。

 

つい先日も喉が痛いなぁ、なんて思って

 

おりましたら次の日には熱が。。

 

まぁそこからの回復も早いのですが。

 

ということで、ノロやらナニやら、

 

猛威をふるっとりますので、

 

皆様、体調には十分お気をつけください。

 

はい、では商品のご紹介です。

 

「CONCEALED FUNCTION」

 

何やら長ったらしい名前ですが、

 

「便利な機能」という意味です。

 

どこが便利か?といいますと、

 

下の写真、よ~く見て頂きますと、

 

衿にフードがついていますね。

 

このフード、クルクルっと丸まって

 

すっぽりと衿の中に収まる仕様になっています。

 

と、言っておきながらすみません、、

 

変化したバージョンの写真がないので、解りにくいかと思いますが、

 

釦で止まって、

 

モコモコっとなるイメージです。。

 

weac13ssloca25

 

ただ、

 

私としては、このシャツの便利なところは、

 

着回しの多様性にあると考えています。

 

春先であれば、

 

写真のように中にシャツやカットソーを入れてシャツブルゾンとして

 

使って頂いてもいいと思いますし、

 

今の季節であれば、

 

この上から、

 

ジャケットやコートを羽織って頂いても

 

いいと思います。

 

スエットパーカーに代わるような

 

アイテムとでも申しましょうか。

 

そういった意味も含めて「便利な機能」という名称をつけさせて頂きました。

 

ziphoodnavy1

素材には、ハリ感があり、

 

目の詰まった

 

ウエザークロスを使用しています。

 

洗う毎に、味がでる。

 

正に男心をくすぐる?

 

一品となっております。

 

お試しあれ!!

 

バシッと決まったので、

 

今日はこの辺で。

 

それでは、また。

 

KIZUKI

 

 

【きょうのまとめ】

 

■CONCEALED FUNCTION

COTTON100%

SIZE:1・2・3

COLOR: CAMEL ・ NAVY

¥22,050

 

販売店舗並びにより詳しい詳細はこちらまで

 

 

 

 

シャツのおはなし「VINTAGE CLOTH COLLECTORのこと」

weac13imph2

【Photo by hocchirhythm】

 

先日、久しぶりにお会いしたバイヤーさんに

 

「キヅキさん、最近ブログで素だしてますよね(笑)」と言われました。

 

確かにそうですね、、、

 

リニューアル後、初めて書いたブログと大違い。。

 

GDPがどうしたこうしたなんて、小生意気に書いておりました。

 

経済成長の前に、自分自身がもっと成長しろって話でございます。

 

とまぁ、、、性懲りもなく最近は解き放たれたかのように

 

自由に書いておるわけですが、

 

今日はしっかりシャツのご紹介、させて頂こうと思います。

 

 

「VINTAGE CLOTH COLLECTOR」

 

3シーズン程前から展開を開始いたしました

 

このシリーズ。

 

名前の通り、生産枚数限定のアンティーク生地を使用した

 

シャツです。

 

枚数が限られているという事もあり、

 

希少価値が高いということもあり、

 

お陰様で毎シーズン大変好評いただいており、

 

展開と同時に品切れ必至な一枚となっています。

 

 

形はいたってシンプル。

 

weac.の特徴的な切り替えも、ポケットも付いていません。

 

そこに余計な味付けをする必要もなく、

 

生地そのものの面白さを楽しんで頂きたい、

 

というのが、その理由です。

 

このシリーズの場合は、シャツが語るというより、

 

悔しいながら生地が語る、という言葉がふさわしい

 

気がします。

 

 

2013SSの新作は

 

初めて日本のアンティーク生地を使用しました。

 

従来、海外の蚤の市などで仕入れてくる生地が多く、

 

出どころ不明なものが多いのですが、

 

今回はわりと家柄のはっきりとした子です(笑)

 

40年ほど前に国内の帽子メーカーが、

 

自社の製品用に織り上げ、

 

何故か形にされることなく眠り続けていたという一品。

 

出会った瞬間、とても懐かしい印象を受けました。

 

チェックの配色は勿論、シルクが45%入った

 

ネップのぽこぽことした表情がとても独特で、

 

なかなか最近はこういう生地みかけないなーと、

 

個人的に感じています。

 

 

vintage-red1

 

vintage-yel1

 

 

今回はですね、

 

倉庫をがっさがさしておりましたら、

 

なんと嬉しい!!

 

レッドとイエロー

 

2色分発掘しましたよ皆さん!!

 

どちらもなかなかいい表情しております。

 

とはいえ枚数限定、、

 

お早目にお願いをいたします。

 

 

 

それにしても、

 

お店さんの商品紹介のように

 

なかなかうまく書けないものですね(笑)

 

へたくそな文章にお付き合い頂きまして恐縮です。

 

これに懲りずに、また覗いてみてくださいね。

 

それでは、また。

 

KIZUKI

 

 

 

【きょうのまとめ】

 

■VINTAGE CLOTH COLLECTOR

COTTON55% SILK45%

SIZE:0(LADIES)・1・2・3

COLOR: RED ・ YELLOW

¥16,800

 

販売店舗並びにより詳しい詳細はこちらまで