C;atelier

since 2003

ニュース

若者たち2014

weac13imph4

最近は、お仕事で

 

服飾系の学校に

 

お邪魔させていただく機会が多く、

 

そんな中で感じるのは、今の学生さんて

 

ほんと大人しい方が多いな、と実感します。

 

自分の時と比べると尚更。

 

落ち着いている、とかそういうのとはまた別の、

 

大人しい、という感覚。

 

それがいいとか悪いとか、

 

そういうのでは全然なくて、

 

それぞれの時代時代特徴が

 

あって当然なんだろうけど、

 

んんんーーなんだか意欲さえも感じにくいのは何故だろう、と。

 

まず、伝えるべき人間がその役割を果たせていないのも大きな問題だと思う。

 

スピードを求められる時代、

 

一人一人に対して細かな対応が出来る余裕はないのかもしれない。

 

服の楽しさは勿論、マナーに至るまで。

 

教科書やマニュアルに載っていないこと、

 

伝えるべきことを伝えきれてはいないのでは、

 

と感じることもある。

 

そこは大いに反省すべき。

 

ただ、

 

学生さんはどんな状況にあろうとも

 

常に考えることを忘れないで欲しいと思う。

 

社会にでて考えるのでは遅いから。

 

学生時代ってほんと貴重だと思うんです。

 

今、自分は学校に何をしに来ているのか。

 

これから先、

 

自分がどういう武器を身につけて、

 

社会に飛び出していくのか。

 

それを自分の言葉ではっきりと

 

表現できるようになってほしい、

 

と思うのです。

 

自分のテーマを見つける、とでもいうか。

 

それをきっかけにしてほしい。

 

大人しくまとまっていては、

 

この世界では生きていけないですよ?

 

皆生き残るのに必死ですから。

 

そんな世界に足を踏み入れようというのだから、

 

誰にも負けない自分を持って。

 

頑張ってほしいな、と思う今日この頃です。

 

それでは、また。

 

KIZUKI