C;atelier

since 2003

ニュース

舌打ちする朝ドラ女優

あまちゃん

 

お前もか、と言われても仕方ありませんが

 

じぇじぇじぇでおなじみ、

 

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に

 

はまっております。

 

実は私、宮藤官九郎作品の大ファンでして、

 

これまで昼ドラだろうが、深夜ドラマだろうが

 

ほとんどの作品を一話もかかすことなく観てきたわけなんですが、

 

今回は毎朝、しかも8時からの1発勝負ということで、

 

たまに見逃しつつも、ほぼ毎日見続けております。

 

ちなみにこれまでの私の朝のスケジュールを

 

暴露しますと、

 

ひどい場合、

 

8時20分から25分の間に起床、

 

5分から10分で準備、家を出る

 

というスケジュールだったのですが、

 

ここ最近は、

 

7時57分に目覚ましセットせずとも

 

身体が勝手に反応して起床。

 

あまちゃんタイム。

 

バババッと弁当作る。

 

準備する。

 

家を出る。

 

という、何故か「バババッと弁当作る」タイムがプラスされ、

 

何とも効率のいいシステムに変更されまして、

 

あまちゃん様様なのでございます。

 

話戻りまして、あまちゃん。

 

元々、朝の連続テレビ小説はよく観ていたのですが、

 

あまちゃんは、ひいき目抜きにして、

 

今までにない革新的な作品、といっても過言ではございません。

 

朝ドラっぽくない主役とかキャラクターとかは、

 

今までにも「ちりとてちん」とか面白い作品あったんですけど、

 

今回は別格。

 

いい意味で無茶苦茶。

 

毎日やってるので詳しいことは書きません。

 

気になられた方は、

 

是非是非見て頂けたらと思うのですが、

 

私、舌打ちする朝ドラの主人公、て初めて観ました(笑)

 

心底、衝撃的でした。

 

でもなんというのか、この作品の面白いのは、

 

ただ笑わそう、とするわけでなくて、

 

何だか人間味もあり、

 

なんやかんやでちゃんと「朝の連続テレビ小説」に

 

なってるんですよね。

 

昔、昼ドラでやっていた「吾輩は主婦である」なんかもそうなんですが、

 

ちゃんとツボは捉えていて、その上で崩す、

 

通称クドカンワールド全開みたいなのが

 

この人、ほんますごいなーと毎回感心するわけです。

 

何回もいいますが、ただただ無茶苦茶ですが(笑)

 

でもそういうのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

 

毎回毎回、朝ドラの主役たるや、こういうもの!みたいな

 

作品を見せられ続けても、正直しんどい。

 

どんな状況設定だろうが、境遇だろうが、

 

結局、話変わっても、同じような展開、たまにハードな展開、

 

見飽きてしまいます。

 

そういう意味で、今回のあまちゃんは毎日飽きない。

 

というより飽きさせない(笑)

 

今一押しのあまちゃん、

 

お時間ございましたら、

 

皆様も是非、ご覧いただけたらと思います。

 

それでは、また。

 

KIZUKI